かん
本貫不詳 ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 関彝 を調べる

関 彝(かん い、生没年不詳)は、中国三国時代の蜀漢の人物。祖父は関羽。父は関興。兄(異母兄)は関統。 父の死後、兄が爵位を継いだものの、嗣子無くして死去したため、関羽の血筋は断絶するところだった。しかし皇帝劉禅は、功臣の関羽の血筋を絶やさないようにするため、関彝にその後を継がせることにした。 263年の蜀漢滅亡時、魏の龐会(関羽に殺された龐徳の遺児)によって、関羽の一族は皆殺しにされたといわれている(『三国志』注、王隠『蜀記』)。しかし正史では関彝の没年は不明である。 三国志演義 小説『三国志演義』では、蜀滅亡後に姜維が鍾会を唆し企てた反乱に際し、その混乱の中で殺害された蜀の人物の一人として、名前のみが登場している。 その子孫 『新唐書』宰相世系表は、唐徳宗の宰相である関播を関羽・関興の末裔としている。ただ『新唐書』宰相世系表は全体として記述に誤りが多く、信憑性には疑問が残る。 清代以降の「関羽文献」においては、諸関氏の系譜を関興・関彝以降に位置づけるものが多い。

関彝が登場する文献

5-172.

関彝の一族

No Data