ちょうかく
山越さんえつ ] (? ~ 184) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 張角 を調べる

張 角(ちょう かく、? - 184年)は、道教の一派である太平道の創始者。冀州鉅鹿郡(現在の河北省平郷県)の人。黄老を奉じて、黄巾賊という宗教組織を率いた。 正史における張角 自ら大賢良師と称し、太平道の信者を集め養っていた。平伏して罪を懺悔させたり、符水を飲ませることで信者の病を癒したため、人々の信奉を集めた。10余年のうちに、数十万人の信者を8つの州で獲得するに至ったため、信者を36の「方」に属せしめ、それぞれの方に渠帥を置き管轄させた。表面的には善道をもって天下を教化していたが、内部では結託して黄天の世を作ろうと画策していた。やがて、 という標語を掲げ、洛陽の城門や州郡の役所に白亜で「甲子」の字を書いて造反をアピールした。 光和7年(184年)、人身御供を捧げて天を祭り、一斉に蜂起して州郡の役所を焼き払い、長官を殺害し集落を略奪した。張角は天公将軍と称した。しかし同年夏以降は、後漢朝廷の皇甫嵩や朱儁らの活躍もあり、急速に乱が治まっていった(詳細は黄巾の乱を参照)。

張角が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 2-121,2-126~127,3-503,6-11,6-13.

張角の一族

No Data