じゅん 景倩 けいせん
本貫不詳 ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 荀顗 を調べる

『荀ギ』より 荀 顗(じゅん ぎ、? - 274年)は、中国三国時代の魏、晋の政治家。字は景倩。豫州潁川郡潁陰県(現・河南省許昌市)の人。荀彧の第6子で、荀惲の弟、荀粲の兄に当たる。 生涯と後世の評価 幼少時から、姉の夫である陳羣に才能を評価された。司馬懿は少年時代の荀顗に会い「荀令君の息子だけのことはある。近頃、袁侃に会ったが、彼もやはり袁曜卿の息子だけはあった」と感嘆したという。その後、兄たちがいずれも早世したため、最終的に荀氏の家督を継承することとなった。 彼が荀氏の家督を継いだ頃、魏では司馬懿・司馬師父子による専横が始まっていた。彼は司馬懿と親密な関係にあったため、司馬師・司馬昭による簒奪に協力的であり、曹氏への忠誠を貫こうとした甥の陳泰にその姿勢を非難された。そして、毌丘倹の反乱を鎮圧したときの功績により、万歳亭侯に封ぜられ、後司空に任じられた。司馬昭の死後は司馬炎に仕えた。そして、祖父や父を支えた功臣の一人として司馬炎から高く評価され、臨淮公に格上げされ、侍中・太尉に任じられた。

荀顗が登場する文献

1-311,1-323~324,1-359~360,2-262,2-266,2-367,2-369,2-423~424,3-247,3-258,3-400,3-458,3-483~484.

荀顗の一族

No Data