さんとう 巨源 きょげん
河内郡かだいぐん 懐県かいけん] (205 ~ 283) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 山濤 を調べる

山 濤(さん とう、205年(建安10年) - 283年(太康4年))は、中国三国時代の魏および西晋の文人。字は巨源。司隸河内郡懐県(現在の河南省)の人。父は山曜。 幼少時に父を亡くしたため、貧窮した生活を送った。老荘思想に耽って嵆康・阮籍らと交遊し、竹林の七賢の一人となった。40歳を過ぎて官途について司馬氏に属したため、嵆康を朝廷に推薦した時に「與山巨源絶交書」(山巨源に与える絶交書)を突き付けられた。しかし、嵆康の刑死の際には息子の行く末を託された事からみても、彼らの友情は変わらなかったものと思われる。 曹爽の台頭により隠棲するが、曹爽が司馬懿のクーデターで粛清されると再び出仕した。 264年、司馬昭が鍾会の謀反鎮圧のため洛陽を離れると、山濤を行軍司馬に任じ、鄴の警護をさせた。簒奪を目前に控えた司馬昭は、曹氏一族を鄴に軟禁していた。山濤はその監視を任された(これは、司馬昭の母方の祖母山氏が山濤の大叔母に当たったため、親戚として任命されたからである)。 西晋代になって、吏部尚書・太子少傅を歴任するなど栄達し、79歳のとき司徒になった。

山濤が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 3-403~404,3-406~407.

山濤の一族

No Data