かんせい
太原郡たいげんぐん ] (? ~ 199) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 関靖 を調べる

関 靖(かん せい、? - 199年)は、中国後漢時代末期の政治家、軍人。字は士起。并州太原郡の人。 事績 公孫瓚配下の長史。元は酷吏(厳罰主義の官吏)であり、上官に対し謙尊するばかりで雄大な計略の無い人物だった。このため、小人を信用するとの評があった公孫瓚には寵愛された。 建安3年(198年)、袁紹が公孫瓚に対して総攻撃を開始すると、関靖は物量や兵力の差を考えて易京に立て篭もる慎重策を進言し、公孫瓚に受け入れられた。なお南宋時代の史家胡三省も指摘するように、この関靖の進言自体には理があり、かつて関靖も袁紹軍の麴義をこの戦術で撃破したことがあった。 しかしこの時は袁紹陣営の智謀が勝った。翌4年(199年)、袁紹軍は地下道を掘って易京を陥落させ、ついに公孫瓚を滅ぼした。主君の敗北を知った関靖は、自分の進言が敗因となった事を嘆き、敵陣に突撃して主君と運命を共にした。関靖の首級は、袁紹の命により許へ送り届けられたという。 なお、小説『三国志演義』には登場しない。 参考文献 『後漢書』列伝63公孫瓚伝 『三国志』魏書8公孫瓚伝 盧弼『三国志集解』(古籍出版社、1957年)。

関靖が登場する文献

2-70,2-78~80.

関靖の一族

No Data