しゅく 子敬 しけい
臨淮郡りんわいぐん ] (172 ~ 217) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 魯粛 を調べる

魯 粛(ろ しゅく、172年 - 217年)は、中国後漢末期の武将・政治家。字は子敬(しけい)。徐州臨淮郡東城県(現在の安徽省定遠県南東部)の出身。子は魯淑。孫は魯睦。 袁術・孫策・孫権に仕えた。赤壁の戦いでは降伏派が多い中、主戦論を唱え周瑜と共に開戦を主張した。曹操軍を退けた後は劉備陣営との連携に尽力し、周瑜の死後には孫権陣営の舵取り役として活躍した。 孫氏への仕官 生まれてすぐ父親が死去し、祖母と生活した。裕福な豪族の家に産まれたが、施しを盛んにし、やがて家業を放り出し、財産を投げ打ってまで困っている人を助け、地方の名士と交わりを結んだ。 一説には、大業を成す志を有し、人には思いもよらないような大胆不敵な企みを行い、乱世が深まると剣術・馬術・弓術などを習い、私兵を集め狩猟を行い、兵法の習得や軍事の訓練に力をいれていた。このようなことから、郷里の人々には理解されず、村の長老には、「魯家に、気違いの息子が生まれた」とまで言われていたという(『呉書』)。

魯粛が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 5-42~43,5-112,5-196,6-73,6-77~79,6-82,6-90,6-242,6-247,6-353,6-379,6-403,7-22,7-57~59,7-65,7-70,7-89~91,7-95,7-98~99,7-105~106,7-137,7-178,7-369~370,8-25.

魯粛の一族

No Data