りょもう 子明 しめい
汝南郡じょなんぐん 富波県ふはけん] (178 ~ 219) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 呂蒙 を調べる

呂 蒙(りょ もう、178年 - 219年)は、中国後漢末期の武将。孫策・孫権に仕えた。字は子明(しめい)。豫州汝南郡富陂県(安徽省阜南県)の人。『三国志』呉志に伝がある。 生涯 部将として出世 姉の夫である鄧当は孫策の部将であり、山越討伐に従事していた。15・16歳のとき、賊の討伐に出向いた鄧当の軍にこっそりついて行った。鄧当は呂蒙の存在に気付き叱ったが、呂蒙は家に戻ろうとはしなかった。鄧当は家に帰ると呂蒙の母親にそのことを知らせた。呂蒙の母親は激怒したが、呂蒙は貧しさから抜け出すためには、危険を冒して功績を立てねばならないと反論した。呂蒙の母親は呂蒙の心を哀れみ、それ以上何も言わなかった。 後、鄧当に仕えていた役人で年の若い呂蒙を馬鹿にする者がいた。呂蒙は怒ってその役人を斬り殺し、同郷の者を頼って逃亡したが、後に校尉の袁雄を頼って自首してきた。この事件が孫策の耳に入り、孫策は呂蒙に面会を求め、その非凡さを見抜き、側近に取り立てた。 数年後に鄧当が死去すると、張昭の推薦で、呂蒙が鄧当の任務を引き継ぎ、別部司馬に任じられてその軍を率いることになった。

呂蒙が登場する文献

5-52,5-283,5-480,6-75,6-77,6-82,6-85,6-90,6-242,6-246~247,6-314~315,6-381,7-61,7-83,7-86,7-117,7-120,7-134,7-137~138,7-140~141,7-143~144,7-146,7-165,7-170,7-202,7-259,7-267~268,7-270,7-364,8-48,8-70.

呂蒙の一族

No Data