りょ 奉先 ほうせん
五原郡ごげんぐん ] (? ~ 198) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 呂布 を調べる

呂 布(りょ ふ、? - 建安3年〔198年〕)は、中国後漢末期の武将・群雄。字は奉先。并州五原郡(現在の内蒙古自治区内)の人。『三国志』巻七 呂布伝、『後漢書』列伝六十五 呂布伝などに記録がある。 丁原・董卓に仕え、抜群の軍事力を誇った。董卓との亀裂から彼を殺した後天下を失い、放浪するも最後は曹操に殺された。作品によっては項羽と共に最強とされ、三国志関係の物語等でもしばしば最強の武将として描かれる。 事跡 董卓政権下 勇猛さと武芸の腕前を買われ、幷州刺史の丁原に仕えた。丁原は、呂布を主簿(会計係)に任じて非常に寵愛した。 中平6年(189年)、霊帝が崩御して宦官の十常侍と外戚の何進とが政争を繰り広げると、丁原は何進と宦官殺害を共謀し、執金吾に任命された。しかしまもなく何進は十常侍に殺害され、十常侍もまた袁紹らに誅殺された。 何進死後、洛陽に入城した董卓は叛乱を計画し、丁原の軍勢を奪おうと考えた。そこで丁原の信頼厚い呂布を誘って、これを殺害させることに成功した。これにより董卓は呂布を非常に重用し、父子の契りを結んだ。

呂布が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-25,1-29~31,1-35~36,1-38~39,1-55,1-83,1-240,1-410,1-426~427,1-430~432,1-439~440,1-471~472,1-504,2-9,2-47,2-53~54,2-86,2-91,2-122,2-137,2-139,2-153,2-160,2-234~235,2-237~239,2-246,2-248~249,2-271~272,2-297~299,2-303,3-13~15,3-27,3-33,3-106,3-154,3-212,3-219~220,3-222~223,3-233,3-241,3-249,3-253,3-263,3-467,4-297,5-30~33,5-165,5-173,5-229,6-22~23,6-48,7-10,7-56.

呂布の一族

No Data