りゅう 奉孝 ほうこう
涿郡たくぐん 涿県たくけん] (? ~ 244) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉理 を調べる

劉 理(りゅう り、? - 244年)は、蜀漢の皇族。父は劉備。母は不明。字は奉孝。劉禅、劉永の異母弟。悼王。 生涯 劉禅、劉永の異母弟。馬超の娘を娶った。221年、父が皇帝に即位すると、粱王に封じられた。しかし229年、蜀と呉は、魏の滅亡後を仮定して、天下の分割を決めたが、粱が呉に含まれるため、230年、兄劉禅により安平王に改封された。しかし、病のため244年に死去。悼王と諡され、子の劉胤が継いだ。 劉胤は256年に若くして死去し、後を子の劉承が継いだ。劉承は劉理の孫にあたるが、翌257年に急逝した。3代続けての不幸であった。劉禅はこれを悼み、劉理の子で劉胤の弟である武邑侯劉輯に王位を継がせた。264年、劉輯は、劉禅、劉永と共に洛陽に強制的に移住させられた。そこで、劉永と同じく奉車都尉に任じられ、郷侯に封じられた。

劉理が登場する文献

5-65,5-79,5-82,5-98,5-182.

劉理の一族

祖父:劉弘
父:劉備 玄徳
兄:劉禅 公嗣
兄弟:劉永 公寿