りくそん 伯言 はくげん
呉郡ごぐん ] (183 ~ 245) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 陸遜 を調べる

陸 遜(りく そん、183年 - 245年3月19日)は、後漢、中国三国時代の武将、政治家。初名は陸議。字は伯言(はくげん)。謚は昭侯(しょうこう)。陸続の玄孫、陸襃の曾孫、城門校尉陸紆の孫、九江郡都尉陸駿の子。弟に陸瑁、子に陸延・陸抗。孫に陸機・陸雲など。 後漢末期より、揚州を中心とする江南に勢力圏を築き、後に呉を建国した孫権に仕えた。山越討伐で頭角を現し、関羽討伐戦や夷陵の戦いにおいて名をあげ、軍政両務における呉帝国前期の重臣として重用されたが、晩年は二宮事件に巻き込まれ、孫権と対立した。 概略 陸家の長に 揚州呉郡呉県(現在の蘇州市)の人。陸氏は呉郡の四姓と呼ばれる有力豪族であり、陸遜はその傍系として生まれた。 父の陸駿は徳と誠心を持った人物として慕われたが、九江郡の都尉にまでなったときに亡くなった。陸遜はまだ幼かったため、本家筋の陸康(陸遜の従祖父)を頼った。 陸康は後漢王朝の廬江太守であったが、揚州を袁術が牛耳るようになると、当初は子の陸績を寿春に赴かせるなど友好的な関係であったが(「陸績伝」)、やがて兵糧問題により袁術と対立し、その部将である孫策の攻撃を受けるようになった。

陸遜が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-227,1-249~250,2-292,3-59,4-161,4-212,5-65~66,5-267,5-385,6-85,6-90,6-95,6-113,6-119~121,6-123,6-126,6-139,6-143~144,6-149~150,6-152~153,6-161,6-242~243,6-246~250,6-327~328,6-339~340,6-367,6-372,6-383,6-385,6-387,6-394~395,6-397~398,6-400,7-29,7-105,7-117,7-128,7-151,7-153,7-165,7-169,7-176,7-183,7-250~251,7-257~258,7-264,7-320~321,7-325,7-333~334,7-359,7-364,7-373~374,7-380,7-387,7-389,7-398,8-14,8-16,8-31,8-42,8-92~93,8-98,8-100,8-149.

陸遜の一族

No Data