ほうとう 士元 しげん
南郡なんぐん ] (179 ~ 214) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで ホウ統 を調べる

龐 統(もしくは、179年 - 214年) は、中国後漢末期の武将、政治家。劉備に仕えた。字は士元(しげん)。道号は鳳雛。謚は靖侯。荊州襄陽郡(現在の湖北省襄陽市)の出身。「臥竜・臥龍(がりょう)」「伏竜・伏龍(ふくりょう)」と呼ばれた諸葛亮に対して、「鳳雛(ほうすう)」と称せられた。弟は龐林。子は龐宏。従父は龐徳公。族弟は龐山民(妻は諸葛亮の姉)ら。 生涯 若い頃はあまり身なりが冴えなかったことから評判を得なかったが、人物鑑定で有名な司馬徽に、その才能を認められたことでようやく名が高まった。後に郡に仕えて功曹となり、孫権軍の周瑜が南郡太守を領した後に病死すると、その遺骸を送り届ける役目を担っている。 その後、荊州を領有した劉備の下に転じ、耒陽(らいよう、現在の湖南省耒陽市)の県令の職を任ぜられるものの、仕事を滞らせたために罷免された。これを聞いた魯粛は劉備への手紙の中で「龐統は大役を与えてこその人物」と薦め、諸葛亮も取り成したので再び劉備に召し抱えられ、諸葛亮と同じ役職である軍師中郎将に任命された。

龐統が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-515,5-47,5-84,5-107,5-191,5-193,5-279,5-281~283,5-310,5-462,5-471~472,7-228.

龐統の一族

No Data