ほうせい 孝直 こうちょく
右扶風うふふう ] (176 ~ 220) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 法正 を調べる

法 正(ほう せい、176年 - 220年)は、中国後漢末期の参謀・政治家。劉備に仕えて活躍した謀臣。字は孝直。司隷扶風郡郿県(陝西省眉県)の人。曾祖父(または高祖父)は法雄(後漢の南郡太守)。祖父は法真。父は法衍。子は法邈。 生涯 建安元年(196年)、飢饉に遭ったため同郷の孟達と共に益州牧の劉璋に身を寄せた。劉璋の下では新都県令や軍議校尉に任じられたが、あまり重用されることはなかった。 その後、かねてから「劉璋では大事をなせない」と考えていた法正は、親友の張松と共に劉備の益州攻略に協力することにした。法正は張松と共に劉璋に進言し、曹操と断交させ劉備と盟約を結ばせた。さらに張魯の脅威を利用して劉璋を再び動かし、劉備の下に使者として赴き、密かに自身や張松と協力して、劉備に益州へ入るよう勧めた。個人的に親しかった彭羕が劉備への仕官を求めてきた際には、龐統と共にこれを推挙している(『蜀書』彭羕伝)。その後、鄭度が劉璋に対し焦土作戦を進言したと聞いた劉備が、どう対処すべきかこれを法正に相談すると、法正は劉璋にはその作戦が実行できないと予測し、降伏を勧告する手紙を劉璋に送った。

法正が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 5-18~19,5-23,5-47~50,5-54,5-95,5-113,5-115~116,5-174,5-190,5-202,5-233,5-252~253,5-270,5-280~281,5-316,5-461.

法正の一族

No Data