ちょう 孟起 もうき
右扶風うふふう ] (176 ~ 222) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 馬超 を調べる

馬 超(ば ちょう、 拼音 Mǎ Chāo マ チャオ、熹平5年(176年) - 章武2年(222年))は、中国後漢末期から三国時代にかけての蜀漢の将軍。字は孟起(もうき)。諡は威侯。扶風郡茂陵県(陝西省興平市)の人。『三国志』蜀志に伝がある。 後漢の名将馬援の子孫と称する一族の出身。祖父は馬平(子碩)。父は馬騰。弟は馬休・馬鉄。従弟は馬岱。妻は楊氏・董氏(側室)。子は馬秋・馬承。娘は劉理の妻。 父が羌族との混血であったため(『典略』)、この血を引いている馬超も漢王朝の支配を受けない民族からの信望が厚かった。関中の独立軍閥の長の座を父から引き継ぎ、曹操に服属していたが、後に韓遂と共に曹操に反乱を起こして敗れた。一族も勢力も失い流浪した末、益州の劉備の下に身を寄せ、厚遇を受けた。 生涯 若き日 父の馬騰と近隣於有力軍閥の長の韓遂とは義兄弟となり、友好関係にあったが、あるとき対立することがあった。このときに馬騰の妻子が殺害されたという。馬超は剛力の持ち主で若い頃から勇名をうたわれていたが、韓遂の軍の閻行と一騎打ちとなり、矛で突き刺され負傷し、さらに折れた矛で首筋を殴られて殺されそうになった(『三国志』魏志「張既伝」が引く『魏略』)。

馬超が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-76~77,1-79,1-81,1-83,1-94,1-109,1-112,1-446,2-126,2-131~132,2-145~146,2-156,2-246,2-248,2-289,2-367,2-406,2-413,2-450,5-452,2-516,3-19,3-116~117,3-125~126,3-136,3-149,3-169,3-206,3-228~229,3-234,3-260,3-265,3-267,3-275~276,3-391,3-492,4-40,4-42,4-53,4-74~75,4-84,4-114~121,4-478,5-50,5-54,5-84,5-168,5-176,5-185,5-191,5-222~223,5-280,5-282,5-388,5-461,7-55,7-62.

馬超の一族

No Data