てん
陳留郡ちんりゅうぐん 己吾県きごけん] (? ~ 197) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 典韋 を調べる

典 韋(てん い、? - 建安2年(197年))は、中国後漢末期の武将。曹操に仕えた。字は伝わっていない。兗州陳留郡己吾(河南省寧陵県)の人。子は典満。『三国志』魏志に伝がある。 堂々とした体格で怪力、さらに固い節義と男気を有していた。 若い頃、襄邑の劉氏のために彼の仇であった李永を討つ事にした。李永は以前富春県長を務め、厳重な警備をつけていた。典韋は懐に匕首を忍ばせ表面上は普通の客を装い、門を開かせるとたちまち李永を刺し殺し、ついでにその妻をも殺した。近所に市場があったため大騒ぎとなったが、しばらく誰も典韋に近づく者はおらず、遠巻きにして後をつけるのみであった。やがて典韋は敵の仲間に出くわしたものの、あちこちで戦って脱出に成功した。この一件で豪傑として知られるようになった。 初平年間、張邈が挙兵すると、その司馬の趙寵に兵士として仕えた。誰も持ち上げられなかった牙門の旗を片手で持ちあげたので、趙寵に一目おかれるようになった。後に曹操軍の夏侯惇配下となり、何度か戦功を挙げ、司馬となった。 濮陽で呂布と曹操が戦ったとき、典韋は数十人の突撃隊を率いて、短戟を手に矢の雨の中で奮戦し呂布軍を防ぎ止めた。

典韋が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-290~291,3-262.

典韋の一族

子:典満