そんさく 伯符 はくふ
呉郡ごぐん 富春県ふしゅんけん] (175 ~ 200) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 孫策 を調べる

孫 策(そん さく、175年 – 200年)は、中国後漢末期の武将。字は伯符(はくふ)。揚州呉郡富春県の人。 若くして父の孫堅を亡くし、袁術の将軍となった。19歳のとき、袁術軍に組み込まれていた孫堅の兵1000人余りをまとめて軍を編成し、劉繇を倒して勢力を拡大。その後、袁術の元から独立し大きく躍進するが、建安5年(200年)に刺客に襲撃された際に負った傷が原因で26歳で死亡。後継を孫権に定めた。後に孫権によって長沙桓王と諡された。小説『三国志演義』では、躍進の目ざましさから「小覇王」と称される。 家系図 血縁 父は孫堅。母は呉夫人(呉景の姉)。弟は孫権(呉の初代皇帝)・孫翊・孫匡。異母妹は孫夫人(劉備の妻)。正妻は不明。妾または妻の1人に大橋がいる。子は孫紹。2人または3人の娘は顧邵(顧雍の長子)・陸遜・朱紀(朱治の次子)に嫁いでいる。 容姿端麗で、人との会話を好み闊達な性格であったと言われる。少年の頃に同年の周瑜と知り合い、その友情は孫策の死まで続いた。

孫策が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-28,1-47,1-504,2-37,2-246,2-413,2-434,2-471,2-473~474,2-483~484,2-486,3-29~30,3-50~51,3-97,3-486,3-492,5-105,5-131,5-216,5-221,6-30,6-31,6-70~71,6-74,6-123,6-160,6-194,6-240~241,6-246,6-260~263,6-269~272,6-274~276,6-287~289,6-292~294,6-308~309,6-319~321,6-324~327,6-330~332,6-345~346,6-348~349,6-351~353,6-355,6-358,6-372,6-379,6-382,6-405,7-9~12,7-22,7-45,7-48,7-50~51,7-53,7-63,7-72,7-81,7-86~87,7-110~112,7-117,7-119,7-122,7-124,7-129~130,7-142,7-158~160,7-163~164,7-172~175,7-177,7-192~200,7-227,7-265,7-282,7-293,7-353,7-362,8-12,8-53,8-74.

孫策の一族

No Data