そうじん 子孝 しこう
沛国はいこく ] (168 ~ 223) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 曹仁 を調べる

曹 仁(そう じん、建寧元年(168年) - 黄初4年3月19日(223年5月6日))は、中国後漢末期から三国時代の武将。字は子孝(しこう)。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市)の人。父は曹熾(字は元盛、侍中・長水校尉)。 従兄は曹操。弟は曹純。子は曹泰・曹楷・曹範ら。孫は曹初。『三国志』魏志「諸夏侯曹伝」に伝がある。 曹魏の最古参武将の一人として各地を転戦し、晩年は大将軍・大司馬にまで昇った。 一族 宦官曹騰の兄の穎川太守曹褒の孫にあたり、曹操と同族である。 1974年から1977年にかけて、安徽省亳州市亳県(漢代は国譙県)の城南一帯で古墳群が発掘(曹氏公園と名づけられる)された。 調査の結果、この古墳群は曹一族の墓と判明した。それによると「大長秋曹騰、会稽曹君(曹胤)、故潁川太守曹褒、長水校尉曹熾、呉郡太守曹鼎…」と曹一族の名が記されている。 生涯 曹操に付き従う 武勇に優れ、若いころは弓術・馬術・狩猟を好んだ。父は弟の曹純が14歳のときに亡くなったが、曹仁は曹純とは別居していたという(『英雄記』)。

曹仁が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-40,1-47,1-76,1-89,1-108,1-113~115,1-188,1-197~198,1-238,1-341,2-152,2-289,3-43,3-68,3-132,3-217~218,3-223,3-225~226,3-233,3-235,3-246,3-261,3-266~267,3-293,3-465,4-43~45,4-157,5-36,5-59,5-159,5-169~170,6-78~79,6-84~85,6-97,6-111,7-59~61,7-67,7-88~89,7-111,7-123~124,7-137,7-143,7-181~182,7-250.

曹仁の一族

No Data