じゅ
山越さんえつ ] (? ~ 200) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 沮授 を調べる

沮 授(そ じゅ、? - 200年)は、中国後漢時代末期の政治家、武将。冀州広平郡の人。子は沮鵠。弟は沮宗。 正史の事跡 初期の事跡 若くして大志を有し、権謀術策に優れていたという。当初は州の別駕となり、茂才に推挙され、県令となった。また、冀州牧の韓馥に別駕・騎都尉として仕え、韓馥が袁紹に冀州を譲ろうとすると、他の幕僚と共に諫止したが聞き入れられなかった。結局、袁紹が冀州を支配すると、沮授もそのまま袁紹に仕えた。沮授は、冀・青・幽・并の4州を平定した上で長安に帝を迎え、洛陽において後漢の宗廟を復興する戦略を袁紹に説いたため、その賞賛を受け監軍(袁紹軍の総司令官的地位)・奮威将軍に任命された。この戦略の下に、袁紹は建安4年(199年)までには4州を平定することに成功している。沮授の監軍としての貢献は大きかった。 興平2年(195年)、沮授が袁紹に献帝を迎え入れることを進言したが、郭図や淳于瓊はこれに反対した(『三国志』魏志董二袁劉伝(袁紹)によると郭図が献帝迎え入れの提案者になっている)。

沮授が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-57,1-456~457,1-463~469,1-475,1-477~479,1-481.

沮授の一族

No Data