じょしょ 元直 げんちょく
潁川郡えいせんぐん ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 徐庶 を調べる

徐 庶(じょ しょ、? - 234年?)は、中国後漢末期から三国時代の魏にかけての武将・政治家。字は元直(げんちょく)。元の名は福であり、単家(たんか、あるいはぜんかと読み、権勢のない家柄、或いは寒門の意味)の出身である。『三国志』「諸葛亮伝」注に引く『魏略』に略伝がある。豫州潁川郡長社県(現在の河南省許昌市周辺)の出身。 生涯 撃剣の使い手で、義侠心に厚く友人の敵討ちを引き受けるが役人に捕らわれる。後日友人が助け出し、心に強く感ずるところがあったので、以降は剣を捨て、学問に励むようになった。こうして出身地を同じくする石韜と親しく交際するようになった。後漢の中平年間(184年 - 189年)、戦乱が激しくなると、石韜と連れだって荊州に移住し、司馬徽の門下生となった。さらに諸葛亮・孟建と特に親しくなった。 徐庶・孟建・石韜は学問を精密に理解しようと努力したが、諸葛亮は大要を掴むことに努めた。諸葛亮は「徐庶・孟建・石韜は仕官すれば、州刺史か郡太守くらいにはなれるだろう」と言ったが、自分の事は言わなかった。

徐庶が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 3-15,4-52,4-57,5-102~103,5-105,5-109~110,5-161,5-194,5-248,5-310.

徐庶の一族

No Data