じゅんいく 文若 ぶんじゃく
潁川郡えいせんぐん ] (163 ~ 212) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 荀彧 を調べる

『荀イク』より 荀 彧(じゅん いく、163年(延熹6年) - 212年(建安17年))は、中国後漢末期の政治家。字は文若(ぶんじゃく)、豫州潁川郡潁陰県(現河南省許昌市)の人。諡は敬。『三国志』魏志、及び『後漢書』に伝がある。 若くして「王佐の才」とも称揚され、後漢末の動乱期においては、後漢朝の実権を握った曹操の下で数々の献策を行い、その覇業を補佐した。しかし、曹操の魏公就任に反対した事で曹操と対立し、晩年は不遇だった。 生涯 名門荀家 祖父の荀淑(じゅんしゅく、字は季和)は荀子十一世の孫とされる、儒学に精通し、郎陵の令となったが、当時の朝廷を牛耳っていた梁冀一族を批判し、清廉な道を貫いたため、極めて名が高く「神君」と呼ばれ尊敬を集めた。後漢の順帝から桓帝にかけてその名を知られていたという。荀淑が死んだ時には村人が挙って彼の祠を建てたという。 荀淑には子が8人居り、上から荀倹(じゅんけん)・荀緄(じゅんこん)・荀靖(じゅんせい)・荀燾(じゅんとう)・荀詵(じゅんしん)・荀爽・荀粛(じゅんしゅく)・荀旉(じゅんふ)といった。

荀彧が登場する文献

1-28,1-32,1-37,1-45,1-214,1-291,1-518,2-232,2-267,2-269,2-271,2-275,2-277~278,2-293,2-320,2-323,2-345,2-446,2-448,2-475,3-13,3-15~16,3-24,3-34~35,3-43,3-83,3-155,3-163~165,3-167,3-415~417,3-431~432,3-438,3-496,4-35,4-39,4-156,4-329,5-214,5-217,6-278.

荀彧の一族

No Data