しゅう 公瑾 こうきん
廬江郡ろこうぐん 舒県じょけん] (175 ~ 210) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 周瑜 を調べる

周 瑜(しゅう ゆ、175年 - 210年)は、中国後漢末期の武将。字は公瑾(こうきん)。渾名は美周郎。揚州廬江郡舒県(安徽省舒城県)の人。高祖父は周栄。従祖父は周景。従父は周忠。父は周異。子は周循・周胤・孫登妻。妻は小喬。 生涯 孫策との出会い 廬江郡の周家は後漢朝において、高祖父の周栄が尚書令になったのを始めに、従祖父の周景・従父の周忠が三公の1つである太尉を務めた名家である。父の周異も洛陽県令となっている。周瑜は成人すると立派な風采を備えるようになった。 孫堅が反董卓の義兵を挙げた際、孫堅の息子孫策は母と共に住まいを舒に移し、この地で周瑜と出会った。同い年の両者は「断金」と評されるほどの篤い親交を結んだ。周瑜は大きな屋敷を孫策の一家に譲り、家族同然の付き合いをしたという。 興平元年(194年)、袁術の下にいた孫策は劉繇を攻略するため江東へ軍を挙げた。丁度その頃、従父の周尚が丹陽太守に任命されていたので、周瑜はご機嫌伺いに出向いていたが、孫策から誘いの手紙が来たため、周瑜は兵士を連れてこれに従った。

周瑜が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 2-155,2-486,3-233,3-246,5-41~44,5-112,5-194,5-196~197,6-31,6-51~52,6-73,6-78~79,6-241~243,6-246,6-294,6-310,6-315,6-321,6-353,7-24,7-47,7-70,7-72~73,7-78~82,7-85,7-88~89,7-91,7-105~106,7-111~112,7-115,7-117,7-122,7-134,7-137,7-143,7-175.

周瑜の一族

父親:周異
子:周氏
子:周循
子:周胤