司馬しば 徳操 とくそう
潁川郡えいせんぐん ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 司馬徽 を調べる

司馬 徽(しば き、? - 建安13年(208年))は、中国後漢末期の人物。字は徳操。号は水鏡。人物鑑定家として名を博した。豫州潁川郡(現在の河南省東南部)の出身。 荊州に移り住み、龐徳公を兄として仕えた。水鏡の号は龐徳公が名付けたものである。なお諸葛亮を臥龍、龐統を鳳雛と呼んだのも龐徳公であるという。司馬徽は龐統の才能をいち早く見出し、徐庶や向朗などを門下生とした。 劉備に「臥龍・鳳雛は諸葛亮と龐統のことだ」と教えたといわれる。 荊州を支配していた劉表には仕えず、隠士として暮らしていた。『世説新語』の注に引く「司馬徽(別)伝」によると「好(よし)」が口癖で、何を言われても「好」と答えていた。また、友人が自分の子供の死を伝えに来た時にも「好」と答えたという。司馬徽の妻がそれを咎めると、笑いながら「お前のいうことも、また好」と答えたという。劉表に司馬徽の登用を勧める者がいたが、こうした彼の態度を聞いた劉表は「世間の者はいい加減なことを言って(司馬徽を持ち上げて)いるが、ただの書生ではないか」と断ったという。

司馬徽が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 3-422,5-106,5-193~195.

司馬徽の一族

No Data