司馬しば 仲達 ちゅうたつ
河内郡かだいぐん 温県おんけん] (179 ~ 251) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 司馬懿 を調べる

司馬 懿(しば い、179年 - 251年9月7日)は、後漢末期から三国時代曹魏にかけての武将・政治家。魏において功績を立て続けて大権を握り、西晋の礎を築いた人物。字は仲達(ちゅうたつ)。西晋が建てられると、廟号を高祖、諡号を宣帝と追号された。『三国志』では司馬宣王と表記されている。 生涯 名門の家柄 河内郡温県孝敬里出身。司馬防の次子で、楚漢戦争期の十八王の一人である殷王司馬卭の12世孫にあたる。司馬氏は代々尚書などの高官を輩出した名門の家柄で、司馬懿自身幼い頃から厳格な家風の下に育った。 兄に司馬朗(伯達)が、弟に司馬孚(叔達)、司馬馗(季達)、司馬恂(顕達)、司馬進(恵達)、司馬通(雅達)、司馬敏(幼達)らがいる。司馬家の8人の男子は字に全て「達」が付き、聡明な者ぞろいであることから「司馬八達」と呼ばれた(ただ単に八人の達たちということでなく、「八人の達人」という意味合いにかけている)。

司馬懿が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-107,1-156,1-203~204,1-222~223,1-226~227,1-235~236,1-248~251,1-268~272,1-274~276,1-284,1-287,1-289,1-291~294,1-298,1-300,1-353~354,1-359,2-96,2-119,2-149,2-164,2-167~168,2-170~175,2-177~179,2-181~184,2-188,2-190,2-192~195,2-197~198,2-200,2-203,2-210,2-214,2-218~219,2-221,2-259,2-263,2-357,2-367,2-394,2-431,3-67,3-76,3-80,3-87~89,3-92,3-103,3-128,3-133,3-141,3-185~187,3-193,3-207,3-230,3-232,3-401,3-414,3-447,3-449,3-451,3-458,3-471,3-490,3-506,4-19~20,4-28,4-30,4-37,4-90,4-93~95,4-97,4-110~112,4-170,4-181,4-185,4-193,4-206~207,4-210,4-214,4-226~228,4-230~234,4-236,4-238~240,4-242,4-246~247,4-255,4-268~269,4-285,4-289,4-291~292,4-302~303,4-454,5-79~80,5-104,5-125~127,5-135~140,5-157~159,5-170,5-278,5-289,5-323,5-386,5-396,5-419~420,6-139,6-149,6-152,6-226,8-97,8-108.

司馬懿の一族

No Data