こうちゅう 漢升 かんしょう
南陽郡なんようぐん 経県けいけん] (? ~ 220) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 黄忠 を調べる

黄 忠(こう ちゅう、 拼音 Huáng Zhōng ? - 220年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢にかけての将軍。字は漢升。荊州南陽郡(現在の河南省南陽市)の人。子は黄叙。劉備に仕え、益州や漢中の攻略等で活躍した。 生涯 劉備軍の勇将 劉表に仕え、中郎将に任じられた。また、劉表の従子である劉磐と共に、長沙の攸県の守備の任についていた。しかし劉表が亡くなり、曹操が荊州を降伏させた後は、曹操より仮の裨将軍に任じられ、職務はそのままで長沙太守であった韓玄の配下についた。 赤壁の戦いの後に、劉備が荊州南4郡を平定すると、黄忠は劉備に帰順して仕えた。その後は劉備に従い益州に入り、劉備軍の一将として劉璋を攻撃し、常に先駆けて敵の陣地を攻め落とすなど、その勇猛さは軍の中でも鳴り響いた(劉備の入蜀)。益州平定後、討虜将軍に任命された。 建安24年(219年)春、劉備が漢中攻めを行なうと、曹操配下で関中方面の総司令官であった夏侯淵と、定軍山において対峙し戦った。

黄忠が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 5-49,5-53~54,5-84,5-184,5-188~189,5-191,5-212,5-320~321,5-462.

黄忠の一族

子:黄叙