こうがい 公覆 こうふく
零陵郡れいりょうぐん 泉陵県せんりょうけん] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 黄蓋 を調べる

黄 蓋(こう がい、? - 建安19年(215年)?)は、中国後漢末期の武将。字を公覆(こうふく)、荊州零陵郡の人。孫堅・孫策・孫権に仕えた宿将である。子は黄柄。 『呉書』によると、祖先が南陽太守の黄子廉(名は黄守亮、字は子廉、黄蓋の叔伯、黄瓊の長子)という人物で、その子孫は各地に散らばった。黄蓋の一族は祖父(名は黄瓚、字は世蕃、黄守亮の父・黄瓊の弟。黄蓋の父は黄瓚の長子、名は黄安、字は孚仁)の時代に零陵へ移住してきたという。若い頃に父が亡くなり、貧しい生活をしていたが、常に大志を抱き、上表文の書き方や兵法の勉強に勤しんでいた。 郡の役人になった後、孝廉に推挙された。三公から招聘を受けたが、孫堅が挙兵するとこれに従い、荊州南部の反乱や董卓討伐に従軍して活躍し、別部司馬に任命された。 孫堅の死後は孫策に仕え、孫策の江東制覇に従った。孫策が劉表と黄祖の征伐報告をした時の上奏に、呂範・程普・孫権・韓当と共に黄蓋の名もある(「孫破虜討逆伝」が引く『呉録』)。

黄蓋が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 6-52,6-242,6-270,6-312,7-58~60,7-112.

黄蓋の一族

No Data