かん 雲長 うんちょう
河東郡かとうぐん 解県かいけん] (? ~ 219) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 関羽 を調べる

関 羽(かん う、拼音 Guān Yǔ・? - 建安24年12月(220年1月))は、中国後漢末期の将軍。字は雲長(うんちょう)。元の字は長生。司隷河東郡解県(現在の山西省運城市塩湖区解州鎮常平村)の人。子は関平・関興。孫は関統・関彝。 蜀漢の創始者である劉備に仕え、その人並み外れた武勇や義理を重んじた彼は敵の曹操や多くの同時代人から称賛された。後漢から贈られた封号は漢寿亭侯。諡が壮繆侯(または壮穆侯)だが、諡号は歴代王朝から多数贈られた(爵諡を参照)。 悲劇的な死を遂げたが、後世の人間に神格化され関帝(関聖帝君・関帝聖君)となり、47人目の神とされた。 小説『三国志演義』では、「雲長、関雲長或いは関公、関某と呼ばれ、一貫して諱を名指しされていない」、「大活躍する場面が壮麗に描かれている」など、前述の関帝信仰に起因すると思われる特別扱いを受けている。 見事な鬚髯(鬚=あごひげ、髯=ほほひげ)をたくわえていたため、諸葛亮からは「髯(ひげ)」殿と呼ばれ、『三国志演義』などでは「美髯公(びぜんこう)」などとも呼ばれる。

関羽が登場する文献

1-43~45,1-110,1-113~115,1-117,1-240,2-156,2-366,2-459,2-511,3-18,3-28,3-40,3-43~44,3-54~57,3-67,3-132,3-217~218,3-221,3-225~226,3-233,3-235,3-246,3-254,3-266~267,3-293,3-449,3-465,4-43~45,4-157~158,5-22,5-30,5-34~36,5-38,5-41,5-43,5-47~52,5-54,5-59,5-62,5-65,5-84,5-106,5-112~113,5-132,5-154,5-159,5-165,5-173~174,5-176,5-182~183,5-185,5-191,5-213,5-231,5-271,5-277,5-284,5-299,5-320~321,5-451,5-461,5-480,6-82,6-84~85,6-100~101,6-103~104,6-243,6-315,6-340,6-381~383,7-62,7-82~85,7-89,7-91,7-95~101,7-103~104,7-106~107,7-121,7-124,7-137,7-151,7-165,7-176,7-202~203,7-267~269,7-283,7-363,7-364,7-369,8-10,8-48,8-70~71.

関羽の一族

No Data