夏侯かこうえん 妙才 みょうさい
沛国はいこく ] (? ~ 219) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 夏侯淵 を調べる

夏侯 淵(かこう えん、? - 建安24年(219年)正月)は、中国後漢末期の武将。字は妙才。従兄は夏侯惇。正妻は曹操の妻の妹。甥は夏侯尚。子は夏侯覇ら。 軍の拠点間における迅速な移動や、それに基づいた奇襲攻撃、前線型武将の指揮、兵糧監督などの後方支援を得意とした。その迅速な行軍は「三日で五百里、六日で千里」と称えられた(『魏略』)。 生涯 曹軍の主将 曹操が県の長官に関する事件で罪を受けた時、その身代わりを引き受けた。その後、曹操に救出され、刑罰を免れることができた。 兗州と豫州が混乱すると、飢饉の中で夏侯淵は自分の幼い子を捨てて、死んだ弟の娘を養育したという(『魏略』)。 曹操が兵を挙げると、別部司馬・騎都尉として兵を率いて随行し、やがて陳留・潁川の太守に任命された。 袁紹との官渡の戦いのときは、督軍校尉を代行し、袁紹を破った後は、兗州・豫州・徐州の兵糧を取り仕切った。昌豨が謀反を起こすと、曹操は于禁を鎮圧に派遣していたが、なかなか攻略できていなかったため、夏侯淵はその増援として派遣され、昌豨の陣営10余りを陥落させたため、昌豨は于禁に降伏を申し出てきた。

夏侯淵が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-76,1-81,1-94,1-97,1-102,1-114,1-290,2-132,2-140~141,2-144,2-166,2-200,3-84,3-117,3-124,3-201,3-213,3-228~230,3-234~235,3-250,3-257,3-276,3-441,4-36,4-179,4-478,5-53,5-131~132,5-159,5-174,5-184,5-188,5-211~212,5-284,5-384,7-95.

夏侯淵の一族

No Data