えんよう
汝南郡じょなんぐん 汝陽県じょようけん] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 袁燿 を調べる

袁 燿(えん よう、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の人物。豫州汝南郡汝陽県(河南省商水県)の人。父は袁術。 事績 建安4年(199年)、父が死亡して一族は没落した。袁燿は一族の袁胤らに守られ、かつて袁術配下だった劉勲の下へ逃れた。その後、劉勲を撃破した孫策に捕らえられてしまう。しかし後年、自分の姉妹である袁夫人が孫権の後宮に入ったため、袁燿自身も朗中に任ぜられた。また、袁燿の娘は孫権の子孫奮の室となった。これ以上の詳細な記述は、史書に見当たらない。 演義の「袁術の息子」 なお小説『三国志演義』では、呂布の娘の婚約相手として、袁術の子が外交交渉の場で言及されている。しかし名前が不詳であり、袁燿に該当するかは不明。この袁術の子は袁術が死去すると、袁胤らとともに徐璆によって殺される設定になっている。 参考文献 『三国志』魏書6袁術伝 『三国演義』。

袁燿が登場する文献

1-504.

袁燿の一族

父:袁術 公路