えんほう 周陽 しゅうよう
汝南郡じょなんぐん 汝陽県じょようけん] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 袁逢 を調べる

袁 逢(えん ほう 生没年不詳)は後漢後期の政治家。霊帝時代の国三老(霊帝の頃の国三老は時期は違うが、袁逢と楊賜の2人)。字は周陽。後漢の太尉袁湯の子で、太僕袁基、左将軍・徐州伯、皇帝を自称した袁術の父にあたる。弟に袁隗。また娘は楊彪の妻となった。 太尉・司徒・司空を歴任した大政治家袁湯の12名の子の一人で、名が伝わっている者の中では第3子にあたる。本来、袁湯の家を嗣ぐはずだった袁成が夭折したので、袁逢が袁湯の家をつぎ、袁湯の爵位安国亭侯を嗣いだ。霊帝の頃、三公に至る前に三老となった。その後、司空と為り執金吾にあった頃に亡くなった。 人格的に優れていたことと、公族家(三公を輩出している家)の出身ということがあって評判が高く、顕官を歴任した。しかし政治家としての資質は弟の袁隗のほうが高かったようで、袁逢よりも先に三公となった。袁隗はあくまで袁逢が袁氏の長と考えていたようで、多くの気を配っていた。袁逢の頃、増封され800戸を食んだ。 袁逢・袁隗の栄達の背景として(1)宗族に中常侍の袁赦がいて内援となっていたこと(2)累世三公の家柄だったこと、の2点がよく指摘されるが、袁赦は早い時期に処刑されているし、家柄についても世襲を可能にする制度もないことから、外的要因が大きかったとは考えられていない。

袁逢が登場する文献

1-447~448,1-498,2-40.

袁逢の一族

曽祖父:袁安 邵公
祖父:袁京
父:袁湯
兄:袁平
兄:袁成 文開
弟:袁隗 字陽
子?:袁紹 本初
子:袁遺 伯業
孫?:袁譚 顕思
孫?:袁煕 顕奕
孫?:袁尚 顕甫