えんたん 顕思 けんし
汝南郡じょなんぐん 汝陽県じょようけん] (? ~ 205) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 袁譚 を調べる

袁 譚(えん たん、? - 建安10年(205年))は、中国後漢時代末期の武将。字は顕思。豫州汝南郡汝陽県(河南省商水県)の人。父は袁紹。弟は袁煕・袁尚(母は劉氏)。袁尚とは異母兄弟と思われる。従兄弟は高幹。伯父は袁基(太僕)。一族は袁買。 正史の事跡 青州刺史として 父の命で伯父の養子となり、後継者から外されて青州へ派遣された。 袁譚は公孫瓚が青州刺史に任命していた田楷と、正式な青州刺史だった孔融を駆逐した。このことで、袁譚は曹操から青州刺史に任じられた。なおこの時、沮授は袁紹に対して「袁譚どのを青州に赴任させることは、災いの始まりです」(後継者争いを触発しかねないことを指すものと思われる)と諌めたが、聞き入れられなかった。 袁譚は優れた人材を招くことを趣味としながらも、実際は奸臣の言葉ばかりに耳を貸す人物であったという。そのため、王修のような優れた人物を招いても意味はほとんど成さず、青州の統治でも混乱を招くばかりだった。青州は非常に荒廃しており、一万戸ある都市も戸籍に登録しているのは数百戸程度であり、租税の納入が3分の1以下であった。

袁譚が登場する文献

1-41,1-48,1-51,1-53,1-55~56,1-60~61,1-83,1-463,1-466,1-474,1-477,1-482,1-504,2-123,2-157~158,2-250~251,2-274~276,2-321,2-326~327,2-329,2-399~400,2-417,3-18,3-30~31,3-33,3-81,3-145,3-147,3-213~214,3-220,3-228,3-233,3-242,3-250,3-265,4-101~104,4-173,4-175,5-36,5-231,6-370.

袁譚の一族

曽祖父:袁湯
祖父:袁成 文開
父:袁紹 本初
弟:袁煕 顕奕
弟:袁尚 顕甫
子?:袁買