えんじゅつ 公路 こうろ
汝南郡じょなんぐん 汝陽県じょようけん] (? ~ 199) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 袁術 を調べる

袁 術(えん じゅつ/すい、拼音 Yuán Shù)は、中国後漢末期の武将・政治家。 父は袁逢(司空)。同母兄は袁基(太僕)。従兄(または異母兄とも)は袁紹。叔父は袁隗。 後漢の名門である汝南袁氏出身。当初は官界にあったが、董卓による動乱の中で群雄の1人として名乗りを上げ、反董卓連合の崩壊後は孫堅らの支持を受けて一族の袁紹と抗争を繰り広げた。一時は曹操に破れ揚州に追いやられたが、孫策らの力により揚州を実効支配し勢力圏を再構築。やがて自らを、帝舜の血族である陳の宣公時代の大夫の轅濤塗の末裔と称した。帝を自称し仲王朝を創設したが、孫策らの離反や曹操の攻撃により数年で瓦解し、失意の内に没した。 生涯 御曹司から諸侯へ 青年期は侠人として知られ、仲間達と放蕩な生活を行っていたが、後に改心した。同族の袁紹が自身より声望が高いことを妬み、袁紹の出自の低さをたびたび持ち出して中傷、さらに袁紹と交際する何顒らを憎悪した。 孝廉に推挙され郎中に就任、官は河南尹から折衝校尉、虎賁中郎将に至った。 中平6年(189年)の霊帝崩御後、大将軍の何進による宦官皆殺し計画に袁紹や曹操と共に参加。

袁術が登場する文献

1-18,1-20,1-22,1-27~28,1-31~32,1-34~36,1-38,1-41,1-50,1-67~68,1-72~73,1-82~83,1-89,1-92,1-240,1-373,1-420,1-449,1-498,1-506,1-508,1-509,2-11~12,2-15~24,2-26,2-28~30,2-63~65,2-68,2-142,2-152,2-167,2-238,2-245~246,2-269~270,2-272,2-297,2-306~307,2-401,2-415~417,2-470,3-17,3-28,3-39~40,3-80,3-97,3-196,3-200,3-241,3-467,3-486,4-60,5-29~33,5-35,5-102,5-217,5-229,6-18~19,6-21,6-23,6-26,6-29~30,6-32~37,6-39~40,6-47~51,6-260~261,6-263,6-273,6-288,6-292,6-298,6-310,6-319~320,6-322,6-324~325,7-50,7-70,7-119,7-158~159,7-175,7-178,7-227,7-244~246,7-264.

袁術の一族

曽祖父:袁京
祖父:袁湯
父:袁逢 周陽
伯父:袁平
伯父:袁成 文開
叔父:袁隗 字陽
兄:袁基
兄?:袁紹 本初
いとこ?:袁紹 本初
子:袁燿