えんしょう 本初 ほんしょ
汝南郡じょなんぐん 汝陽県じょようけん] (? ~ 202) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 袁紹 を調べる

袁 紹(えん しょう、永興2年(154年)以前? - 建安7年5月21日(202年6月28日))は、中国後漢末期の武将・政治家。字は本初(ほんしょ)。豫州汝南郡汝陽県(河南省商水県)の出身。高祖父は袁安。曾祖父は袁京。祖父は袁湯。父は袁成、または袁逢。叔父は袁隗。従兄弟(異説あり)は袁基・袁術。妻は劉氏。子は袁譚・袁煕・袁尚(母は劉氏)。 何進と協力して激しく宦官と対立。宦官勢力を壊滅させることに成功したが、董卓との抗争に敗れ、一時は首都の洛陽より奔り逼塞を余儀なくされたが、後に関東において諸侯同盟を主宰して董卓としのぎを削った。同盟解散後も群雄のリーダー格として威勢を振るい、最盛期には河北四州を支配するまでに勢力を拡大したが、官渡の戦いにおいて曹操に敗れて以降は勢いを失い、志半ばで病死した。『三国志』魏志及び『後漢書』に伝がある。 生涯 名門の実力者 後漢時代に4代にわたって三公を輩出した名門汝南袁氏の出身で、袁逢・袁隗の次の世代の人物にあたる。

袁紹が登場する文献

ちくま学芸文庫「正史三国志」の : 1-16,1-18~20,1-22~24,1-27,1-29,1-31,1-34,1-38~48,1-50~51,1-53,1-55,1-57~58,1-62~63,1-68~69,1-73,1-83,1-89,1-92,1-119,1-121,1-382~383,1-409,1-413,1-423,1-446,1-498~499,1-501,1-504~505,1-507,1-510~511,2-12~14,2-42~45,2-50~54,2-62,2-71,2-73~74,2-78~80,2-90~91,2-121,2-123,2-144,2-153~154,2-234,2-246~251,2-254~255,2-260,2-269,2-273~274,2-287~288,2-291,2-316,2-318,2-321,2-326,2-364,2-366,2-389,2-399,2-402,2-404,2-407,2-409,2-427~428,2-449,3-12~13,3-15~18,3-23~27,3-29~30,3-35~37,3-39~40,3-54,3-66,3-80,3-97,3-154,3-198,3-212,3-220,3-223~224,3-227~228,3-233,3-237,3-242,3-245,3-250,3-256,3-259,3-385~386,3-390,3-415,3-426,3-463~464,3-501,4-9,4-16,4-22,4-38~40,4-73,4-101,4-113,4-157,4-165,4-173,4-218,4-297,4-421,4-428~430,4-438,5-27,5-29~36,5-105,5-166~167,5-173,5-185~186,5-231,6-26,6-29,6-40,6-43,6-49,6-53,6-58,6-61~63,6-319,7-52,7-78,7-335,7-345,8-63.

袁紹の一族

曽祖父:袁京
祖父:袁湯
父親?:袁成 文開
伯父?:袁成 文開
父親?:袁逢 周陽
叔父?:袁逢 周陽
伯父:袁平
叔父:袁隗 字陽
弟?:袁術 公路
いとこ?:袁術 公路
子:袁譚 顕思
子:袁煕 顕奕
子:袁尚 顕甫
孫:袁買