えんしょう 顕甫 けんほ
汝南郡じょなんぐん 汝陽県じょようけん] (? ~ 207) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 袁尚 を調べる

袁 尚(えん しょう、? - 建安12年9月(207年))は、中国後漢時代末期の武将。字は顕甫。豫州汝南郡汝陽県(河南省商水県)の人。父は袁紹。母は劉氏。兄は袁譚・袁煕。袁譚とは異母兄弟であろうと思われる。従兄弟は高幹。一族は袁買。 正史の事跡 後継強行と袁譚との決裂 袁尚は生まれつき美貌の持ち主で、武勇に優れていたため、父と母の双方から寵愛されていた。袁紹は袁譚を差し置いて袁尚に後継させようと目論んでいたとされる。しかし袁紹は建安7年(202年)に病没するまで、後継者を明確に指名しなかった。 後継者問題については、袁紹軍幕僚の郭図・辛評が袁譚を後継者に推し、『後漢書』袁紹伝によれば、衆目も年長の袁譚支持だった、としている。しかし同幕僚の逢紀・審配は、郭図・辛評との個人的対立などもあり、袁紹の生前の寵愛を理由に袁尚を後継者として強硬に擁立した。上記袁紹伝によれば、審配らは袁紹の遺言を偽造したとしている。これにより袁尚が後継を宣言すると、母の意を受けて、袁紹の寵妾5人を族滅した。

袁尚が登場する文献

1-53,1-55~57,1-60,1~63~65,1-83,1-383,1-482,2-95,2-250~251,2-253,2-274,2-316,2-319,2-321,2-326~327,2-329,2-449,2-451,3-18,3-30~33,3-41,3-116,3-145~147,3-213~214,3-220,3-233,3-242,3-265,3-434,4-101~103,4-173,4-175,4-236,4-421,4-430~431,5-231,7-335.

袁尚の一族

曽祖父:袁湯
祖父:袁成 文開
父:袁紹 本初
兄:袁譚 顕思
兄:袁煕 顕奕
子?:袁買