えん 顕奕 けんえき
汝南郡じょなんぐん 汝陽県じょようけん] (? ~ 207) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 袁煕 を調べる

袁 煕(えん き、? - 建安12年(207年)9月)は、中国後漢時代末期の武将。字は『三国志』魏書袁紹伝では顕奕、『後漢書』袁紹伝では顕雍。豫州汝南郡汝陽県(河南省商水県)の人。父は袁紹。兄は袁譚。弟は袁尚。従兄弟は高幹。一族は袁買。 正史の事跡 建安年間(恐らくは公孫瓚が滅亡した建安4年(199年))に、袁煕は幽州刺史に任じられている。袁煕が任地に向かう一方で、その妻の甄氏(後の魏の文昭皇后)は鄴に残って姑を世話していた。 建安7年(202年)、袁紹が後継者を定めないまま病没すると、兄と弟がそれぞれ後継を表明した。家臣団の支持が喰い違い、袁氏の勢力は二分されることになってしまった。しかし実子であるにもかかわらず、袁煕がこの争いに積極的に加わったとされる記載は無い。 建安9年(204年)、弟が曹操および兄に敗れると、これまで曹操と敵対していなかったにも関わらず、袁煕はあえて弟を管轄地の故安に迎え入れて助けた。この行動は幽州の豪族に反感を抱かれ、結果的に焦触・張南ら多くの離反を招いてしまう。

袁煕が登場する文献

1-60,1-65,1-382~383,1-463,1-496~498,3-31~32,4-421.

袁煕の一族

曽祖父:袁湯
祖父:袁逢 周陽
父:袁紹 本初
兄:袁譚 顕思
弟:袁尚 顕甫
子?:袁買