えん 文平 ぶんへい
南郡なんぐん ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 閻宇 を調べる

閻 宇(えん う、生没年不詳)は、中国三国時代の蜀漢の武将。字は文平。荊州南郡の人。 生涯 馬忠・張表の後任として蜀南部の統治を行ない、長年に亘って業績をあげ、職務に熱心であったとされるが、馬忠の風格・功績には及ばなかったとある。その後、右大将軍に遷った。延熙20年(257年)頃、呉の朱績が魏を牽制するよう蜀に求めてきた。このため、閻宇が右大将軍の地位のまま巴東に都督として派遣され、5千の兵で白帝城を守備し、太守の羅憲を副将とした。 その一方で閻宇は黄皓と結託し、北伐中の姜維と自分を交代させようと画策した。黄皓以外にも諸葛瞻・董厥らは、勝機無き北伐の連続で国内を疲弊させたということを理由に、姜維を召還して益州刺史とし、その軍事権を奪うよう劉禅に上奏すべきと考えていた。蜀の長老の話に拠れば、諸葛瞻は実際に姜維と閻宇を交代させるよう上奏したとされる。 景耀6年(263年)、魏が侵攻してくると閻宇は召還を受け、羅憲に2千の軍勢を委ねた上で西へ引き返した。その後の消息は不明である。 物語中の閻宇 小説『三国志演義』では、碌な功績もないのに黄皓に諂って、右将軍の位を得ている。

閻宇が登場する文献

5-152,5-306,5-395,5-426,7-172.

閻宇の一族

No Data