えいれつ
陳留郡ちんりゅうぐん 襄邑県じょうゆうけん] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 衛烈 を調べる

衛 烈(えん れつ)は、父衛臻が逝去すると、その後を継いだ。咸煕年間(264-265)に光禄勲となった。親のおかげで官についた者として「三豫」と呼ばれた。『傅咸集』によると、衛烈は光禄勲で亡くなったという。

衛烈が登場する文献

3-500,4-255.

衛烈の一族

祖父:衛茲 子許
父:衛臻 公振
弟:衛京
弟:衛楷