えいこう 巨山 きょざん
河東郡かとうぐん 安邑県あんゆうけん] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 衛恒 を調べる

衛 恒(えい こう)は、魏の黄門侍郎となった。書の達人として知られ『四体書勢』を著した。

衛恒が登場する文献

3-421,3-439.

衛恒の一族

祖父:衛覬 伯儒
父:衛瓘 伯玉
子:衛玠 叔宝