えいけい 子業 しぎょう
漢嘉郡かんかぐん 厳道県げんどうけん] (? ~ 264) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 衛継 を調べる

衛 継(えい けい)は、漢嘉郡厳道県の人。五人兄弟であり、父は県の功曹であった。衛継が子供のころ、兄弟といっしょに父について行き、役所の庭で遊んだことがあった。それ以後、県長の蜀郡成都の張君は子供がなかったため、父の功曹は子供たちを連れてくるようたびたび命じられた。張君は子供たちを観察しつつ遊んでやり非常にかわいがった。雑談の折を利用して衛継をもらいたいと功曹に申し込んだ。功曹は即刻承知し、かくて養子となった。衛継は頭の鋭い早熟な人で、広い学識を有しており、州郡に出仕し、エリートとしての職務を歴任した。それに反して残りの四人は世間に通用するような才能を持った者がいなかったので、父はいつも自分の家は衰え、張君の家は栄えるだろうといっていた。当時、法律で異なった苗字の者を後継ぎにすることが禁じられていた。そのため再び衛氏に戻った。たびたび昇進して奉車都尉、大尚書となり、篤実な信義に厚い人柄で人々に尊敬された。蜀滅亡の際は魏に投降し、鍾会の乱に巻き込まれて成都で殺害された。

衛継が登場する文献

5-481~482.

衛継の一族

No Data