えいかん 伯玉 はくぎょく
河東郡かとうぐん 安邑県あんゆうけん] (220 ~ 291) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 衛瓘 を調べる

『衛カン』より 衛 瓘(えい かん、220年 - 291年)は、中国三国時代から西晋の軍人・政治家。字は伯玉(はくぎょく)。司隷河東郡の出身。先祖に衛暠。父は衛覬。弟は衛実・男子一名(亭侯)。子は衛恒・衛宣(四男)・衛嶽・衛裔・その他二名・他娘一人。孫は衛璪・衛玠・その他数名。玄孫は衛崇。一説に書家の衛鑠は、衛恒の族弟である衛展(字は道舒)の娘だという。 10歳のとき父を亡くし、若い頃から魏に仕え、廷尉・鎮西将軍を務めた。晋が興ると青州刺史・幽州刺史・征東大将軍を歴任し、司空まで昇った。一方で学問をよくし、書にも優れた。 蜀漢討伐と反乱の平定 263年、司馬昭の命で蜀討伐が開始されたとき、衛瓘は鍾会の監軍として従軍した。蜀漢の滅亡後に鍾会等諸将が、鄧艾を謀反人に仕立てあげようと画策し、鄧艾に衛瓘を殺害させて謀反の証拠としようとしたが、衛瓘は計略を用いて鄧艾・鄧忠父子を逮捕し、洛陽に護送した。

衛瓘が登場する文献

1-359,3-420~421,4-178,4-278,4-280,4-291,4-303,5-311.

衛瓘の一族

父:衛覬 伯儒
子:衛恒 巨山
孫:衛玠 叔宝