りゅうたん
本貫不詳 ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉誕 を調べる

劉 誕(りゅう たん、? - 194年)は、中国後漢末期の人物。字は不詳。父は劉焉。兄は劉範。弟(異母弟)は劉璋。 父の命で兄と共に長安に駐屯した。董卓から治書御史に任命されている。 初平3年(192年)、董卓が殺害されると、董卓の腹心であった李傕が跋扈政治を行なった。このため、翌4年(193年)これに目をつけた父は、李傕を滅ぼすべく涼州軍閥の頭目であった馬騰・韓遂らと手を組んだ。 興平元年(194年)3月、劉誕も兄と連動して内側から李傕を襲撃する計画になっていたが、密告者によって暴露されてしまった。兄は馬騰と共に逃亡を企てるも、激怒した李傕の追撃軍によって殺害された。また、劉誕自身も捕らえられ李傕によって酷刑に処された。兄弟揃って長安の市場で晒し首になったといわれる。 やがて父は、範・誕の兄弟が殺害された報を聞いて大いに悲しみ、次第に体調を崩し、同年夏に死去してしまった。zh刘誕。

劉誕が登場する文献

5-16~17.

劉誕の一族

No Data