りゅうたい 公山 こうざん
沛国はいこく ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉岱 (小沛) を調べる

劉 岱(りゅう たい、生没年不詳)は、後漢末期の武将、政治家。曹操に仕えた。字は公山。沛国出身(現在の江蘇省沛県を中心とする地域)。『三国志 (歴史書) 三国志』武帝紀に引かれる『魏武故事』にまとまった記述がある。<br/> 姓名<br/> 時代<br/> 後漢時代<br/> 生没年<br/> 〔不詳〕<br/> 字・別号<br/> 公山(字)<br/> 本貫・出身地等<br/> 徐州沛国<br/> 職官<br/> 司空長史<br/> 爵位・号等<br/> 陣営・所属等<br/> 家族・一族<br/> 〔不詳〕<br/>曹操に命ぜられて王忠とともに徐州の小沛で独立した劉備を攻撃するも、勝利を得ることができなかった(武帝紀)。『献帝春秋』では、劉備は劉岱達に対し、曹操がみずから来るなら別だが、劉岱達が相手ならたとえ百人がかりで来たとしても、どうにでもなる、と豪語したという。<br/>

劉岱が登場する文献

1-41~42,1-469,5-34.

劉岱の一族

No Data