りゅうこう 叔和 しゅくわ
本貫不詳 ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉弘 (西晋) を調べる

劉弘(りゅうこう)は、中国の人名。 前漢の第4代皇帝少帝弘の本名。 後漢初期の皇族。光武帝(劉秀)の縁戚。字は孺孫。 後漢初期の皇族。中山孝王。簡王劉焉の孫。夷王劉憲の子。穆王劉暢の父。節王劉稚の祖父。 後漢末期の政治家。司空を務めた。南陽出身。 三国時代の蜀漢の初代皇帝昭烈帝(劉備)の父。当人は早くに死亡した。父は劉雄。弟に劉子敬。 劉弘 (晋) - 晋の荊州刺史。字は和季。後漢の楊州刺史劉馥の孫。魏の鎮北将軍劉靖の子。生没年は236年 - 306年。 魏晋南北朝時代の宗教指導者。涼州で反乱を起こした。320年没。 劉弘 (隋) - 北斉から隋にかけての人物。字は仲遠。591年戦没。

劉弘が登場する文献

3-100~102,5-160.

劉弘の一族

No Data