諸葛しょかつげん
本貫不詳 ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 諸葛玄 を調べる

諸葛 玄(しょかつ げん、? - 197年)は、中国後漢末期の人物。徐州琅邪郡陽都県の諸葛氏の一族。兄は諸葛珪。甥は諸葛瑾・諸葛亮。族弟に諸葛誕。一族の頭領的存在でもあった。 事跡 兄が急死したため、まだ幼かった兄の子、亮・均を引き取り育てるが、この頃、朝廷を無視し自ら天子を名乗る袁術によって、豫章太守に任命された。実直な彼はその命令に応じ赴いた。だが朝廷は改めて、豫章太守に朱皓(字は文明、朱儁の子)を任じて諸葛玄と代わらせようとした。困った諸葛玄は、以前から荊州牧の劉表と旧知の仲だったので、諸葛亮らを引き連れて劉表を頼ったが、後に亡くなった。 一方、別の説では、豫章太守であった周術(述)が病没したため、諸葛玄は劉表によって豫章太守に任ぜられて昇進し、豫章郡南昌県に駐屯した。朝廷は周術の死を聞いて、朱皓を豫章太守として派遣し、劉繇に朱皓の支援を命じた。案の定、諸葛玄は板挟みにあい、遂には兵を用いた争いにまで発展してしまった。その結果、諸葛玄が敗走して西城まで逃亡し、代わって朱皓が南昌に赴任することとなった。

諸葛玄が登場する文献

5-102~103,5-145,6-261.

諸葛玄の一族

No Data