げん輿
本貫不詳 ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 厳輿 を調べる

厳 輿(げん よ、? - 196年)は、中国後漢時代末期の武将。揚州呉郡烏程県の人。同郡で活動していた独立勢力指導者厳虎(厳白虎)の弟。 正史の事跡 陳寿『三国志』の本文中には登場せず、裴松之が注として引用している『呉録』にのみ登場する。建安元年(196年)、厳虎は孫策が攻めてきた際に城を固めて防ぎ、それに平行して厳輿を使者にして和平を求めた。 会談において孫策は剣を抜いて席を切った。厳輿は恐れ慄いたが、孫策は「あなたがとても素早く、座った状態から飛び上がる事が出来ると聞いたので、からかっただけだ」と言った。厳輿は「私は剣を見るとそうなる」と答えたところ、孫策から戟を投げつけられ、厳輿は避けられずに死んだ。 厳輿は知力と勇気を持っており、彼が死んだ事で厳虎の軍は動揺し、まもなく孫策に打ち破られた。 物語中の厳輿 小説『三国志演義』での記述もほぼ同様であるが、最期の場面では厳輿が「江東を折半しよう」と申し出たのに対して、「私と対等のつもりか」と怒った孫策に抜き打ちで斬り捨てられる事になっている。

厳輿が登場する文献

6-41~42.

厳輿の一族

No Data