りゅうよう 正礼 せいれい
東莱郡とうらいぐん ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉繇 を調べる

『劉ヨウ』より 劉 繇(りゅう よう、156年 - 197年)は、中国後漢末期の政治家。字は正礼。青州東莱郡牟平県(山東省煙台市牟平区)の人。漢の宗族の一人で、前漢の高祖の孫である斉の孝王劉将閭(劉肥の子)の少子の牟平共侯劉渫の直系末孫にあたる。祖父は劉本(劉丕とも、平原郡般県令)。父は劉輿(劉方とも、山陽太守)。伯父は劉寵(字は祖栄、会稽太守。陳王劉寵とは別人。)・劉韙。兄は劉岱ら。子は劉基・劉鑠・劉尚。『三国志』呉志に伝がある。 生涯 『英雄記』によると、兄の劉岱と仲が良かった。 19歳の時、盗賊に捕らわれた叔父を救出したことが評判となり、間もなく孝廉に推挙され、郎中となった。下邑県令となったが、漢王室ゆかりの血筋であることを利用されそうになったため、官を捨てて故郷に戻った。やがて州に招かれ済南郡の尉となった。当時の済南郡の相は中常侍の子であり、法を無視し賄賂で私腹を肥やしていたことから、上奏してこれを罷免させた。平原の陶丘洪は、州の刺史に対し劉繇を茂才に推挙するよう言上した。陶丘洪は先に兄の劉岱を推挙していたことから、弟の劉繇をも推挙しようとする理由を尋ねられると、「若し明君をして公山(劉岱)を前に用いらしめ、後に正礼(劉繇)を擢けば、所謂長塗に二龍を御し、千里に騏驥を騁す、亦た可からずや。

劉繇が登場する文献

1-19,2-39,2-238,2-472,2-474,5-103,5-131,5-217,6-34,6-37~41,6-43,6-117,6-256,6-269~270,6-272~273,6-288,6-292,6-308,6-319~320,7-50,7-159,7-173,7-197,8-47,8-126.

劉繇の一族

No Data