りゅうほう
本貫不詳 ] (? ~ 220) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉封 を調べる

劉 封(りゅう ほう、? - 220年)は、中国後漢末期の武将。字は不明。父は寇氏。母は不明。劉備の養子。副軍将軍。荊州長沙郡羅県の人。 生涯 『三国志』蜀志劉封伝によると、元々は長沙郡の1県である羅侯の寇氏の子で、長沙の劉氏の甥であった。劉備に実子劉禅が生まれる207年以前、当時荊州に滞在し、未だ世継ぎの無かった劉備から養子に迎えられた。 212年、劉備が益州攻略戦に乗り出した。劉封は当時20余歳だったが武芸・気力ともに人より優れていたことから、諸葛亮・張飛・趙雲らに従って共にこの戦いに参加。行く先々で武功を挙げて、益州平定後、副軍中郎将に任じられた。 建安24年(219年)、劉備は孟達に房陵攻撃を命じ、孟達は西進し上庸太守の申耽を攻撃した。劉封は孟達1人では心許ないと思った劉備に命じられ、その援軍として漢中を発して上庸に進軍。申耽を降伏させた。この功によって、劉封は副軍将軍に昇進した。 同年に樊城で曹仁を包囲した関羽から何度も援軍を要請されたが、占領したばかりでまだ動揺が収まっていないという理由で、これを拒否した。

劉封が登場する文献

1-226,3-289,5-53,5-270,5-322.

劉封の一族

No Data