りゅう 子初 ししょ
零陵郡れいりょうぐん ] (? ~ 222) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉巴 を調べる

劉 巴(りゅう は、? - 222年)は、後漢末期から三国時代の政治家。字は子初。祖父は劉曜、父は劉祥。 生涯 荊州零陵郡蒸陽の人。父の劉祥は江夏太守を務め、長沙太守の孫堅が董卓討伐軍を起こすとこれに呼応し、去就のはっきりしなかった南陽太守の張咨の殺害にも加担した。のちに南陽の民の反乱に遭い殺害されている。 才能に優れ、荊州牧の劉表の招聘がたびたびあり、若くして茂才に推挙されたが、これには応じなかった(『零陵先賢伝』によると、父との関係で劉表には疎まれており、劉表に殺害されそうになったことがある。また、劉先が甥の周不疑を劉巴の下で学ばせようとしたが、劉巴はこれを拒否している)。 208年、劉表が病没し、曹操が荊州に進出してくると、荊州の人士の多くが劉備に従って南下したが、劉巴は曹操の元に赴き臣従した。曹操は劉巴を掾にとりたて、長沙郡など荊州南部の三郡を平定させようとした(『零陵先賢伝』によると、桓階を派遣しようとしたが、桓階は辞退し、劉巴を推挙した。

劉巴が登場する文献

5-51,5-233,5-249,5-299,5-339,5-393,5-464.

劉巴の一族

No Data