りゅうしん
本貫不詳 ] (? ~ 263) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉諶 を調べる

『劉シン』より 劉 諶(りゅう しん/りゅうじん、? - 263年)は、三国時代の蜀(蜀漢)の皇族。後主劉禅の五男。蜀漢初代皇帝である先主劉備の孫。北地王に封じられていた。字は不詳。 略伝 263年、魏が蜀漢に侵攻してきた際、成都の廟堂にて劉禅が光録大夫譙周の発言を受け入れて降伏しようとすると、劉諶は徹底抗戦を主張して反対したが容れられず、宮中からしめ出されてしまった。家に帰り妻の崔氏に御前会議の出来事を語ると、崔氏は自害。その首を携え祖父の昭烈皇帝(劉備)の廟前で、己の首を刎ねて自害した。。 脚注 ==。

劉諶が登場する文献

5-84~86,5-100.

劉諶の一族

No Data