りゅう
本貫不詳 ] (? ~ 209) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉琦 を調べる

『劉キ』より 劉 琦(りゅう き、? - 209年)は、中国後漢末期の人物。劉表の長男。兗州山陽郡高平県(現在の山東省済寧市魚台県)の人。異母弟に劉琮。生母は陳氏。または、劉琪とも呼ばれる。 劉琦は慈悲に溢れ、また孝行心に富んだ人物であったため、劉表に大いに可愛がられた。だが劉琮の妻の伯母である蔡瑁の姉が、劉琮後継のために奔走し、劉表に対して数々の讒言を言い続けた。このため、次第に劉表は劉琦を疎んじ、劉琮を可愛がるようになった。 劉琦は身の危険を感じたため、劉備に仕えていた諸葛亮に相談を持ちかけた。彼は諸葛亮の助言を基にして、孫権によって討伐されたばかりの黄祖の後任を願い出て、それが採り上げられたため、江夏に移ることになった。 208年、劉表が危篤に陥った時、劉琦は襄陽に駆け付けたが、劉表が再び劉琦に寵愛を寄せることを恐れた蔡瑁・張允らによって妨害され、ついに面会は叶わなかった。劉琦は父の逝去に嘆き悲しみ、それを聞いた人々も皆悲しんだという。 曹操の軍勢が新野に侵入して来ると、劉琮は臣下の進言によって降伏したが、劉琦は長江を渡って南に逃れた。

劉琦が登場する文献

1-513~515,5-39,5-41~42,5-44,5-108~109,5-112.

劉琦の一族

No Data