りゅうえん
本貫不詳 ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 劉延 を調べる

劉 延(りゅう えん、生没年不詳)は、曹操配下の将。東郡太守。白馬の戦いの際、袁紹配下の顔良に包囲され危機に陥るが、一時曹操の配下になっていた関羽によって助けられる。 演義での劉延 小説『三国志演義』では、この恩に報いるため関羽の千里行の際に、彼に情報を教えて助けた。もしくは、関羽に船を貸してくれるよう頼まれるが、曹丞相から連絡はきていないと断わっている話もある。なお、この後に登場する零陵太守劉度の息子の劉賢は、版によっては「劉延」と表記されているものがある(千里行の際の劉延と同一人物の設定とされているかどうかは不明)。

劉延が登場する文献

1-43~44,1-475,2-272,5-166.

劉延の一族

No Data