そうそう 孟徳 もうとく
沛国はいこく 譙県しょうけん] (155 ~ 220) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 曹操 を調べる

曹 操(そう そう、永寿元年(155年) - 建安25年1月23日(220年3月15日))は、字は孟徳(もうとく)、幼名は阿瞞、また吉利。沛国譙県(現在の安徽省亳州市、また河南省永城市という説もある)の人。後漢末の武将、政治家。詩人、兵法家としても業績を残した。 後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った。廟号は太祖、謚号は武皇帝。後世では魏の武帝、魏武とも呼ばれる。 出自 父は曹嵩。中常侍・大長秋曹騰の養子となり曹氏を継ぎ(高位の宦官は養子をとって家名を存続することが可能だった)、太尉となっている。曹氏の先祖は前漢の丞相であった平陽侯曹参とされる。また、曹嵩の実家という説がある夏侯氏の先祖は前漢の汝陰侯夏侯嬰とされている。もし、曹嵩が夏侯氏の出であれば、彼の挙兵時から従軍した夏侯惇、夏侯淵等は従兄弟にあたる。野史の『曹瞞伝』及び『世語』によると、曹嵩はもともと夏侯氏であったというが、陳寿は『三国志』本文で「出自不詳」としている。

曹操が登場する文献

『魏書』曹操伝

曹操の一族

父:曹嵩 巨高
子:曹丕 子桓
子:曹植 子建
子:曹彰 子文